レイチェルワイン カブキブラシ

MENU

レイチェルワインのカブキブラシが大人気

レイチェルワインのカブキブラシ

カブキブラシは、ファンデーションと同じくらい、いや、それを上回ることもあるくらい人気商品です。これでくるくると肌につけるとお粉が均一について、仕上がりがとっても綺麗だということだからです。巷にはメイクブラシは天然毛、人工毛、色々なボリュームのものが売られていますが、こちらのカブキブラシとは一体何が違うのでしょうか?

 

カブキブラシの特徴

まず使い心地が大変気持ち良いということです。長さは短めですが、たっぷりの毛で大きめで肌に触れる面積が広くてふわふわです。その肌当たりの良さは、毛先に特殊な加工を施しているからだそうです。感触は優しくて毎日肌につける度に刺激にならないようにふわふわの使い心地です。

 

形はきのこのようでカブキのかぶりものみたいだということでこう名付けられたとか・・・。長さは全長7センチで持ち歩きにも便利

 

お手入れの方法は?

せっかくの良いブラシですからお手入れもきちんとして長持ちさせたいですよね。カブキブラシはナイロン製の人工毛でできています。使い心地は天然毛にひけをとらない優しさ、それでいながら人工毛なのでお手入れは簡単、さらに耐久性に優れている!という良いことづくしの嬉しい商品です。

 

普段のお手入れ方法は

 

使い終わったらティッシュの上でくるくるして余分な粉を落としておけば大丈夫です。2週間に一回、もしくは1ヶ月に一回程度水洗いをしましょう。

 

まずたらいにお湯をはりましょう

 

その中に石鹸、もしくは中性洗剤を溶かします。ブラシをいれて洗ったら、またきれいなぬるま湯ですすぎます。

 

柄の部分は洗わなくても良いでしょう

 

毛の部分をしっかりと。やさしくタオルドライしたら、毛先を下にして乾かします。無理でしたら横に置いてもオッケー。ただしブラシを上向きにして干さないようにしましょう。水分が残ってしまうことがあるからです。

 

ブラシは完全に乾いてから使いましょう

 

そうしないとファンデーションが上手に肌にのりませんし、湿ったパウダーがずっとブラシについていては衛生的によくありません。ブラシのお手入れは定期的にしないと、ファンデーションがきれいにつかないどころか雑菌が繁殖して肌荒れの原因になるので注意しましょう。

 

 

>>レイチェルワインの口コミ TOP